ライフスタイル

3.11を風化させないように私たちができるコト

150311

スポンサードリンク

大丈夫。絶対忘れたりはしない。

この頃になると特に、
3.11の話はテレビでたくさん見ることができるし、
私のまわりでも、話をしてくれる人がまだまだいるから。

でも、100年後も同じでしょうか?

3.11を風化させないように私たちができるコト

あれから4年がすぎました。
まだまだ3.11のコトは覚えています。
きっと今いる誰もが死ぬまで覚えているでしょう。

でも、100年後はどうでしょう?
私たちの次の世代の話です。

テレビや新聞で流してくれる情報。
Youtubeにあるたくさんの動画。
ブログに書いてある体験談。

その会社さんがなくなったら、
そのサービスが売れなくなったら、
突然なくなってしまいます。

「あれ?昨日まで見れたのに、なんか見れない?」
「え?あの会社つぶれたの!?」

永遠にあるものではないのです。

そうなると、私たちには残るものは何もありません。
今ある伝える方法もなくなってしまいます。
3.11が遠い昔の伝説になってしまいます。

しかし、

私たちにそれを防ぐ方法があります。
3.11を風化させないように私たちができるコト。

それは、

「しっかりと聴くコト」です。

幸運にも、
伝えなければと願う人がたくさんいます。
風化させないようにと願う人たちがたくさんいます。

しかし、100年後にその想いを聞いた時に

「そんなのあるわけないよ!」
「私は大丈夫だから!」

と聴く耳を持つ人がいなければ、
伝わるものも、伝わっていきません。

4年前に来るはずがないと思っていた突然の災害を
私たちはまたすぐ起こることだとわかりました。

でも、100年後の私たちはそれを
またすぐ起こることとは思えないでしょう。

だから、「しっかりと聴くコト」も伝えていかないと
伝わるものも、伝わらなくなってしまうと思い、
今回このようなことを書こうと思いました。

まとめ

自分の思い込みにしばられずに
しっかりと聴くようになるコト
しっかりと聴く人を育てるコト

それが私たちには大切だと思います。

100年後の私たちも、
その100年後の私たちの幸せを願ってくれるように。

スポンサードリンク

この記事を書いた人

かっきぃ
かっきぃ
“想い”を叶えるコーチ、かっきぃです。仙台在住の早生まれ。子どもから大先輩までコーチングで“想い”を叶えるお手伝いをしています。『子どもが言うこと聞かない~。』『もっと幸せになりたい~!』なんて方は、気軽にご相談下さい。待ってます。⇒かっきぃに相談してみる
いつも読んで下さってありがとうございます!
「いいね!」を押すと、私からのステキな情報が見れますよ。

コメント

  1. Eldora より:

    An answer from an expert! Thanks for cotgniburint.

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>