コーチング

3週間で劇的に人生が変わる!簡単セルフコーチング4日目

150318

スポンサードリンク

3週で劇的に人生が変わる!簡単セルフコーチングの4日目ですよ。

夢を叶えると決めたのはいいけれども、
本当にこのペースでいいかなと不安を感じるときでもあります。
4日目にすることは、次の4つ。

  1. 4日目の「いま」の確認
  2. ジャマモノを見つける
  3. 他にできることを探す

では、詳しくみていきましょう。

3週間で劇的に人生が変わる!簡単セルフコーチング4日目

4日目の「いま」の確認

3週間後の夢にむかい始めたばかりですが、
4日目の「いま」をあらためて確認してみましょう。

3週間で劇的に人生が変わる!簡単セルフコーチング1日目
で決めた3日以内でできることの確認です。

1週間後、2週間後の目標を決めてから
「3日以内でできること」を決めてもらいました。

「3日以内でできること」を達成したひとや
それ以上できたひとは、このペースで大丈夫だと思いますよ。

もし、この「3日以内でできること」ができなかったのなら
もう一度1週間後の目標から決めなおした方がいいかもしれません。

例えばダイエットの夢で、
1週間後の目標が「2kg減らす」だったのに、
3日以内にできること「1kg減らす」ができなかったとします。

そこで

「1kgも減らす」という目標を達成できなかったからといって
自分はなんてダメな人間なんだと落ち込まずに、
まずどうしたら1kg減らすことができるかを見つめてみましょう。

ご飯を1/4減らすでもいいですし、
間食を菓子パンから、グミやガムやアメに変えてみるだとか
「がんばらなくてもできること」をすることが大切です。

私の場合は、まずは、1日2章ずつ書きたい内容を書く!でした。

書きましたよ!
「コーチング」の本の内容、
22章全部書きなぐりですが、はきだしました。

あとは、また1章に戻って、
読みやすい文章にする、足りない部分を足すなど
再構成することになります。

ジャマモノを見つける

まずは3日以内でできることの壁になったジャマモノを見つけます。

ダイエットだったら、

  • 家にお菓子がたくさんあった
  • 家族がどんどん食べ物をすすめてくる
  • 運動するための1歩がでない
  • ストレスを理由に食べてしまう
  • お付き合いで外食が多かった

こんなジャマモノがいるのでしたら、
ひとつずつ「ジャマだよ!」ってどかしてあげることが大切です。

私の例)
まだ書く時間をとれそうなので、執筆時間を30分増やす。
30分ができたら次は1時間に増やす。

急に全部のジャマモノをどかすのは難しいと思いますので、
ひとつずつ、できることからやっていきましょうね。

他にできることを探す

こちらは、思ったより進めたひとのための項目です。

余裕をもって進めたひとで物足りないなってひとは、
もう少しできることを足しましょう。

ダイエットなら

  • 毎日1km走る→2km走る
  • 間食を少しやめる→間食を全部やめる
  • 炭水化物を減らす→野菜をたくさんたべる

これも負担のないように決めてくださいね。

まとめ

  1. 4日目の「いま」の確認
  2. ジャマモノを見つける
  3. 他にできることを探す

今回はおもに3日間の自分をみつめなおすことがテーマでした。
たった3日間ですが、いままでの夢へ進んでいない3日間とは
ぜんぜん違った意味のある3日になったと思います。

できれば、寝る前に自分と夢をみつめなおす時間をつくることが
夢へ近づくことに大切なことだと思いますよ。

では、次回は7日目にお会いしましょう。
いつも読んでいただいてありがとうございます。
シェアしていただけるとすごくうれしいです!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

かっきぃ
かっきぃ
“想い”を叶えるコーチ、かっきぃです。仙台在住の早生まれ。子どもから大先輩までコーチングで“想い”を叶えるお手伝いをしています。『子どもが言うこと聞かない~。』『もっと幸せになりたい~!』なんて方は、気軽にご相談下さい。待ってます。⇒かっきぃに相談してみる
いつも読んで下さってありがとうございます!
「いいね!」を押すと、私からのステキな情報が見れますよ。

コメント

  1. Pibes より:

    Frankly I think that’s abuetsloly good stuff.

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>