コーチング

風邪を早く治す基本の8つと一番大切なコト

150319

スポンサードリンク

風邪ひいちゃいますよねー。
どんなに気をつけてても
小さい頃から何回もなってるのに・・・。

ノドが痛いだけでテンションが下がるし、
周りにも迷惑かけちゃいますし。

そんな私たちには切ってもきれない関係の「風邪」について
今回はまとめてみました。

風邪を早く治す基本の8つと一番大切なコト

手洗いとうがいをする

手洗いは、細菌やウィルスを予防するので
身体にはいってくるのを防ぐ効果がありますよ。

うがいは、のどについた細菌やウィルスを洗い流してくれるので
これ以上、風邪をわるくしないようにしてくれます。

ビタミンCをとる

風邪をひくと、身体の中のビタミンCがたくさん失われます。
その分、ビタミンCをたくさんとりましょう。

ビタミンCは、白血球を活性化するので、
細菌やウィルスなどの敵から身体を守ってくれます。
オススメは、100%オレンジジュースです。

タンパク質をとる

栄養をたくさん運んでくれます。
ついでに、老廃物もたくさん運んでくれます。
私は風邪をひいたときは、お肉をたくさん食べます。
食べられるときは、ステーキとか。

水分をこまめにとる

とくに熱があがったときですね。
汗などでたくさん水分が失われるので、
吸収しやすい、スポーツ飲料などがいいです。

私の場合は、
100%オレンジジュースとスポーツ飲料を
7:3くらいで飲んでます。

スキあらば寝て休む

やっぱり静かに身体を休めるのが大切です。
身体を起こしているだけでも、けっこう体力をつかうので
眠くなくても横になってじっとしているのが一番です。

その際に、
怒り、悲しみ、心配事など嫌な感情もなるべくなくして
楽しいことを思い浮かべながら休むとより良いですよ。

身体を温める

温めると、血液の流れが活性化するので、
栄養素をたくさん運んで、老廃物もどんどん流してくれますよ。

風邪薬はなるべく飲まない

市販の風薬や、熱冷まし、痛みどめはなるべく飲みません。

それらを飲んでしまうと、
せっかく身体さんが自分で治ろうとしているのに
それをジャマすることになるからです。

そんなジャマばかりしていると、
身体さんがなまけて弱くなってしまいますからね。
風邪は自然に治すものです!

とりあえず笑う!

笑うことは、免疫力をものすごく高めてくれます!
楽しくなくても無理してでも笑ってください。
だんだん楽しくなってきますから!

笑ってさえいれば、
風邪はいつのまにかどこかへいなくなってしまいますよ。 

私が風邪をひいたときに一番大切にしていること

私が風邪をひいたときにまず思うことは

「なぜ風邪をひいてしまったんだろう?」

です。

風邪をひいたということは、
きっと自分の行いに原因があったんだろうと考えます。

  • 風邪をひいているひとの近くにいた
  • 無理して身体をうごかしてしまった
  • 我慢してストレスをかかえてしまった
  • 不摂生をしてしまった

自分では大丈夫だと思っていても、
身体さんはNGをだしていたのに気づかなかった。
そんな自分にいつも反省しています。

風邪に限らず、すべての病気やケガのおかげで
身体さんに感謝するきっかけをいただいています。

「身体さん、私が無理していることを気づかせてくれてありがとう。
 そして、いつも私の助けになってくれてありがとう。」

まとめ

風邪をひいたときに一番大切なコトは

手洗いとうがいをし、ビタミンC、タンパク質をとり、水分をこまめに、
スキあらば身体を温めて休み、熱冷ましはなるべく飲まず、とりあえず笑う!

そして、身体さんにいつも助けてもらっていることに感謝をする。

読んでくださって、いつも本当にありがとうございます。
シェアしていただけると、すごくうれしいです!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

かっきぃ
かっきぃ
“想い”を叶えるコーチ、かっきぃです。仙台在住の早生まれ。子どもから大先輩までコーチングで“想い”を叶えるお手伝いをしています。『子どもが言うこと聞かない~。』『もっと幸せになりたい~!』なんて方は、気軽にご相談下さい。待ってます。⇒かっきぃに相談してみる
いつも読んで下さってありがとうございます!
「いいね!」を押すと、私からのステキな情報が見れますよ。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>