コーチング

悪口を言う人を愛おしく思えるやさしい考え方

150607

スポンサードリンク

悪口、言われます?

キズつきますよね~。
悲しいですよね~。
悔しいですよね~。

「なんでそんなこと言うの!?」って頭の中はハテナでいっぱい。

実はそれをスッキリさせる考え方があるんです!

それは、相手がそう言った背景を考えるだけでいいんです。
その理由をお話しますね。

最高に幸せいっぱいな時は人を傷つけたいとは思わない

想像してみて下さいね。

例えばあなたが朝起きたら、

ポカポカ天気で心地好い気温で、空気も綺麗で、元気いっぱいで、身体がすごく軽くて、朝から大好きなご飯を美味しく食べれて、便秘も治って、今日の占い1位で、道行く人に「今日もステキですね!」「前から好きだと思っていました!」「あなたといると幸せな気分になれます!」「どうか投資させてください!」って言われて、たまたま買った宝くじが5億円当たって友達も仕事仲間も家族も幸せそうで、いままで頑張ってたことが急に報われて、モテモテになって最高に幸せいっぱいな時に

太った人が、
あなたの肩に勢いよくぶつかって来て、
尻もちついた時に、

「どこ見てんだよ!?トロいんだよ、デブ!」

ってイラついた顔で言えます?

言えなくないですか?

「大丈夫ですか?ケガはないですか?」

の方が言いたくなりませんか?

はい、やさしいあなたは、きっとそう言っちゃうと思います。

悪口を言っちゃう時は、自分に不幸があった時

だから、悪口を言っちゃうのは結局、自分に不幸があった時なんですよね。

悲しいことがあった、不条理なことにあった、悔しい目にあった、憤りを感じた、怒りを感じた、ムシャクシャした、思い通りにいかなかった、嫌なことがあった、辛いことがあった。

例えば、

普段の幸福度が70点くらいだとして、
嫌なことがあったので50点くらいに下がってしましました。

ニコニコしている隣りにいる人が幸福度80点くらいに見えた。
自分は嫌なことがあったのになんか悔しいから、
悪口を言って相手を傷つけて、幸福度を下げちゃえ!

できれば50点以下だと、自分の方が幸福度が上だから、
「相手に不幸なことが起こりますそうに。」なんて願ったりもする。

そう考えると、可哀想な人じゃないですか?
愛おしくてたまらなくなりませんか?
抱きしめて、「大丈夫だよ!」って言ってあげたくないですか?

そう思ったら、ぜひやさしく抱きしめてあげてください。

そう考えられるようになったあなたは、

きっとこれから悪口を言われても辛くならないし、
人に悪口を言うこともなくなっちゃいましたね。

まとめ

  • 最高に幸せいっぱいな時は人を傷つけたいとは思わない
  • 悪口を言っちゃう時は、自分に不幸があった時
  • だから、あなたは悪口を言われてもへっちゃらで、
    人に悪口も言うこともなくなりましたね

読んで下さってありがとうございます。
シェアしてくださると嬉しいです!

スポンサードリンク

この記事を書いた人

かっきぃ
かっきぃ
“想い”を叶えるコーチ、かっきぃです。仙台在住の早生まれ。子どもから大先輩までコーチングで“想い”を叶えるお手伝いをしています。『子どもが言うこと聞かない~。』『もっと幸せになりたい~!』なんて方は、気軽にご相談下さい。待ってます。⇒かっきぃに相談してみる
いつも読んで下さってありがとうございます!
「いいね!」を押すと、私からのステキな情報が見れますよ。

コメント

  1. MOLEY より:

    はじめまして。
    ブログランキングからきました。

    私もコーチングの勉強をしているところですが
    相手の言葉の背景を考えるというのは大事なことですよね。

    例えがとてもわかりやすくて
    それこそお子様にも伝わるような内容ですね!!

    私のコーチングの参考にもなるかと思いますので
    また遊びにこさせていただきたいと思います。

    ブログ応援して帰りますね!!
    よかったら私もブログを書いてますので遊びに来てくださいね。

    ビジネス用ブログhttp://lovelik-zaitaku-work.com/?p=2100
    個人用ブログhttp://ameblo.jp/a7x-forever/

  2. かっきぃ かっきぃ より:

    MOLEYさん、コメントありがとうございます!
    承認をいただけて、とっても嬉しいです!

    また何か教えていただけると嬉しいです!
    MOLEYさんのブログも拝見させていただきますね~。

  3. Paulina より:

    I’m imsesperd you should think of something like that

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>